看護師求人の現状

看護師求人に応募したい潜在看護師

潜在看護師とは看護師の国家資格を取得していて、結婚や出産などのために一度看護師を退職し、長く看護の現場から離れている人のことをいいます。現在、潜在看護師の数はおよそ550,000人ともいわれています。潜在看護師が復帰することによって、看護師不足の現状を打破することができるともいわれています。
看護師求人の中でも、潜在看護師の存在は注目を集めています。現場復帰に向けた、さまざまな支援対策も行われています。潜在看護師が現場復帰に二の足を踏む理由としては、日々進歩している医療技術についていくことができない、最先端の機器の取り扱いについ知らないということにともなう不安が挙げられます。また、子育て中などといった事情がある場合も多く、フルタイムでの就職が難しいと考えている人も多くなっています。
ですから看護師求人があってもいきなり就職を決めるということではなく、まずは体験セミナーなどを開催し、その中で少しずつ昔の勘を取り戻すことができるようなシステムを整えているところが増えてきています。各医療機関でも託児所を院内に設けるなどといった復職支援をして、人材不足を補う努力をしています。看護師求人でも潜在看護師に限定しての求人が多くありますから、サポートを利用して復職先を見つける人が増えています。