看護師求人の現状

看護師求人が多い診療科

勤務する科によって、看護師の役割は違ったものになります。看護師求人が多いとされている診療科は、いくつかあります。
まずは、内科が挙げられるでしょう。内科は内臓に関する疾病を治療する科として消化器系や循環器系、呼吸器系、心療系、神経系、小児系などといった多くの系統に分けられています。その数がもっとも多いことから、看護師求人の数も多くなっています。総合病院などといった大きな病院ですとこれらの科が細分化されていて、特定の系統の知識を習得することで業務を遂行することができます。中小規模の病院ですと、これらがひとつかふたつの科にまとまったかたちになっています。その場合は、同じ内科でも複数の専門知識が必要とされることになります。
次に多くなっているものが、整形外科の看護師求人です。整形外科ですと、患者さんの年代が広くなっていることも特徴として挙げられます。ですから、患者さんとのコミュニケーションの取り方に長けている看護師が求められる傾向も強くなっています。また、外科の看護師求人の数も多くなっています。外科も内科と同様に、複数の系統に分けられている場合が多く、さまざまな知識が必要とされる科です。緊急性が高い手術を行う場合も多いため、患者さんやその家族の不安を取り除くことができるようなコミュニケーションスキルも必要とされます。